スタッフブログ

信頼できる塗装業者の条件① 資格をもったプロが建物の診断を行う

信頼できる塗装業者の見つけ方

信頼できる塗装業者の条件①

資格をもったプロが建物の診断を行う

 

信頼できる塗装業者を選ぶため、業者が事前に住まいの診断を行う事は大事なポイントです。

診断をすれば必ず良い業者ということではないため、「どこをどのように診断するのか」「誰が診断をするのか」が重要なポイントになります。

それぞれ具体的ににポイントをご紹介していきます。

 


見極めるポイントはココ!

◎屋根の劣化状況を診ている

  

実際にどのような劣化が発生しているか、劣化の症状はどの程度かを確認する方法は、目視以外にありません。

実際に屋根に上がって確認する場合もありますが、最近では安全性を考慮してドローンや高所定点カメラでの確認が増えています。

屋根によく見られる劣化には、塗膜(塗装後にできる塗料の膜)の劣化による汚れの付着・さび・塗膜のはがれ・色あせ、屋根材のズレや割れ、屋根材を支える棟部分の欠損などがあげられます。

 

◎屋根裏も診断する

雨漏りをしているかどうかを正しく判断するには、屋根裏まできちんと診る必要があります。

なぜかというと、ほとんどの雨漏りは屋根裏の漏水跡(水のシミ)から発覚するためです。

室内(天井や壁など)を見るだけで雨漏りとわかる場合は、すでに雨漏りがかなり進行している状態です。

屋根裏を診断しない業者は、そもそも雨漏りに関する知識がないこともあるため注意が必要です。

 

◎診断に最低1時間以上を要している

 

診断では、住まいを隅々まで細かく診ていきます。

屋根の各面を確認し、外壁を一周し、屋根裏までみるとなると、どんなに急いでも最低1時間以上はかかります。

そのため、30分程度で完了してしまうような診断の場合には、精度の低い診断である可能性があります。

(※屋根・外壁の両方を診断する場合)

 

◎専門資格をもったプロが診断

住まいの診断の担当者が専門知識を持った有資格者かどうかというのも、ひとつの判断ポイントになります。

知識のない担当者が診断をした場合、現状報告にしかなっていないことが多く、本当の意味での「診断」はできていません。

診断を担当したのがベテランの営業であっても、診断の専門知識がなければ、正確な診断はできないでしょう。

【専門資格】外装劣化診断士 建築士 など

 

 

【 +ポイント!より信頼度が高まるビデオ診断

ビデオ診断とは、診断内容をビデオで撮影して報告する方法です。メリットは、情報が正しく伝わることです。

写真の場合、撮り方などによって見え方が変わることもありますが、ビデオの場合はありのままを残すことができます。

またビデオの場合、劣化箇所や劣化の進行具合についてプロの解説が入っているため、後で見返したときもわかりやすく、診断時に同席できなかった家族とも情報を簡単に共有できるという利点もあります。

 

 

◆まとめ◆

******************************************

信頼できる塗装業者の条件

①屋根の劣化状況を診ている

②屋根裏も診断している

③診断に最低1時間以上を要している

専門資格をもったプロが診断している

※ビデオ診断を取り入れている業者はより信頼できる

******************************************

 

プロタイムズ新居浜店では、屋根・外壁の外装劣化診断を行っております。

詳しくはコチラから↓

 お家の健康診断 

屋根や外壁の痛みが気になっているという方は、ぜひお問合せ下さい

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
新居浜市・西条市・四国中央市の
屋根塗装・外壁塗装はお任せ下さい!
【プロタイムズ新居浜店】
四国竹林塗装工業株式会社
〒792-0013愛媛県新居浜市泉池町3-24
TEL:0120-920-203
FAX:0897-33-9384

本社ホームページ http://www.s-take.jp

    

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

全国100店舗以上|プロタイムズは安心の屋根・外壁リフォームをご提供する全国組織です。|安心・安全・高品質・全国組織