スタッフブログ

「アスファルトシングル」の劣化症状とメンテナンス

こんにちは!

プロタイムズ新居浜店です

屋根材の1つである「アスファルトシングル」の特徴とメンテナンスについてまとめてみました

 

アスファルトシングルとは

モアスファルトシングルの材質はフェルト類の基材にアスファルトを浸透させた板状の建材で、表面を砂粒で着色し主に屋根材として用いられています。

開発された当初は火に弱いという欠点があり、日本の防火地域や準防火地域では使用ができませんでしたが、現在では、グラスファイバー(ガラス繊維)基板にアスファルトをコーティングした「グラスファイバーシングル」が、防火材認定され、防水性、耐久性、施工性、耐震性に優れた軽い屋根材として急速に普及しています。

  

 

 

劣化目安

5~10年

 

劣化症状

・変色・退色
・藻・苔の繁殖
・塗膜のふくれ・はがれ
・瓦の割れ・欠け

 

欠け              瓦の剥がれ
 

 

特徴とメンテナンス

セメントなどの硬い成分を含まないので軽量で、カッター、はさみで簡単に切ることができ加工しやすく、自由に曲げることができ、曲面のドーム屋根など、複雑な屋根形状に適応できるなどの特徴を持っています。

また高い防水性、耐久性を発揮し重さはスレート瓦の約2分の1、瓦の約5分の1のため耐震性に優れ、表面に石粒(砂など)をコーティングしているので、色あせがしにくく、石粒が緩衝材となり雨音を軽減してくれます。

とても柔らかく、他の屋根材で見られる割れや発錆がありませんが、表面の石粒が落ちて基材(屋根材の本体)が露出すると、6mm程度の薄いシートのため、台風などの強い風によって剥がれ破れが起きる場合があります。

10年に1度を目安に点検も兼ねて塗装によるメンテナンスが必要な屋根材です。

 

***

 

プロタイムズ新居浜店では、屋根・外壁無料診断を行っております。

ご不明な点なども、お気軽にお問合せ下さい

 

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
新居浜市・西条市・四国中央市の
屋根塗装・外壁塗装はお任せ下さい!
【プロタイムズ新居浜店】
四国竹林塗装工業株式会社
〒792-0013愛媛県新居浜市泉池町3-24
TEL:0120-920-203
FAX:0897-33-9384
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

全国100店舗以上|プロタイムズは安心の屋根・外壁リフォームをご提供する全国組織です。|安心・安全・高品質・全国組織